長いこと作っていてこんな技あり

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村

布の裏表が作っていてわからなくなる生地もあります。
裁断の前は布の耳を見ればわかるのですが、パーツになってしまうと
あれ?ってなことに。
c0247253_23045093.jpg
若い頃は縫いしろに消えるチャコペンで印を付けたり、
しつけ糸で縫い印をつけたりしていました。
でも今はニット用のクリップで色がついたものがあるので
色の付いた方を表にとめて分かるように。
袖の前後も袖山が低くなると分かりにくいので、
後ろに付けることにしています。
↑きれいな青のリネンタンガリーが微妙に残っていたので、
ヨークをリネンのレースにしてフリル袖のPOを作ろうと思います。
c0247253_23043757.jpg

こちらのリネン混タンガリーは一番大変なリボンを
付け終わったところ。

c0247253_23050147.jpg
色違いでこんな風になります。
お楽しみに(^^♪











[PR]
by flora5533 | 2018-06-25 23:23 | 学ぶ | Comments(0)
<< 後ろリボン結びのフレンチスリーブ ペーズリー柄の前タックブラウス >>